「何で、だから日本は、、、、ってすぐ言いたがるんですかね?」

IMG_2358(1)

先日、言語学専門の教授とランチさせていただいた時の話です。

以前、教授と米国在住日本人との対話会があったのですが、
「だから日本(人)は、、、海外ではこんなの当たり前で、、、」
の応酬で辟易としたのを思い出しこんな質問に。
(日本人は、、の後にはネガティブな言葉、海外では、、、の後にはポジティブな言葉が続きます。大抵。)

私も勿論使うときがあるし、歴史・地理的背景など語るときはいいんだけど、連呼されると結構イライラダメージが蓄積する言葉です。

「戦争に負けたから自虐的、とかよく言いますけど、そんなこと日常生活で意識している日本人、そうそういないですしねぇ、、」
サンドウィッチ食べながら語ること1時間半。
勿論こんな問いに明確な答えは無いんだけど。
でも私、

1.考えたくない
2.優越感に浸りたい
3.売りたい

の3つじゃないかなと思ってます。

 

1.考えたくない
まぁ面倒だよね。ダメな理由考えるの。
(以下、私の字と絵が下手というツッコミは禁句です)
img_2427-1

例えば、給料が低いのも勤務時間が長いのも上司の言葉にぐさぐさ傷つくのも転職に失敗したのも転職できたのに超ブラック企業だったのも、「だから日本はダメなんだ」の枕詞をつけるだけで何だかとてももっともらしくなる。
各国のGDP比較、ホワイトカラーの労働時間比較、幸せ度比較、等を付け加えれば鉄壁の装備です。

「だから日本はダメなんだ、未だに高度成長期の働き方を、、、、、残業しないと、、、、事実、各国比較でも日本は生産性が低いんだよ」
(だから自分の生産性が低いのは仕方ないんっすよ)

または悩む友人を、お前に才能がないわけじゃないんだよ、社会が悪いんだ、と励ますこともできる。



主は応用としては「だから会社は」

 

2.優越感に浸りたい
次に続く言葉が何であってもいい感じに聞こえる。
だから、どんなに論理を飛ばしていてもカッコよく話すことができる。

だから日本はダメなんだよ(まぁ自分は生産性高いんだけど)
だから日本はダメなんだよ(まぁ自分は残業してないけど)
だから日本はダメなんだよ(まぁ自分は断る力あるけど)
だから日本はダメ、、、、
海外ではこんなの当たり前



海外ってどこやねん、というツッコミは禁句。

 

1,2に対し3の売りたいはもっと意図的、市場のお話しです。
続く言葉の論理を全てすっ飛ばす強力な力を持つこの言葉、書くだけで日本人全体に市場を広げることができます。

思考をぴったり止めることのできる言葉、カテゴリー、ラベリング。

新たな市場を造り出したい時にも有効ですね。



最近は本屋さんに行くと、27歳までに、とか、38歳までに男性がやるべきこと、とか小刻みすぎて訳分かんなくなってたりもしますが(笑)
ニューヨークでよく見るのは「40歳までに女性がすべきこと」というフレーズなので、文化によって年齢の刻みは違うんだなぁ、、など思います。。

 

この言葉を使うのは別に悪い事じゃない。

ただ、
日本という言葉が本当は誰を指しているのか?
海外はどこの国のどこのエリアの誰を指しているのか?
GDPの指標とは一体何なのか?
労働時間の差は何が反映されているのか?
そもそも幸せ感ってなんなのよ?

考えることがあってもいいんじゃないかと思う。
というか深い話をしたい時にこういう言葉使われると、あ、思考停止しているなって思います。
自分でも使ってから、あ、しまった、って思う事あります。
会話止まりますからね。

「結局、日本はダメだダメだって言っても、じゃあ日本人辞めて移民になろうって本気で思っている人はいなかったよね」

と教授と話し、お店を出たのでした。
Sponsored link